最速で!更年期障害の抜け毛を止めたい!


更年期障害の抜け毛(女性)がひどい原因は
女性ホルモンの減少による頭皮血行の低下です。

 

 

女性ホルモンの減少によるひどい抜け毛を改善するには

  • 生活改善
  • 医学的な治療
  • 専用育毛剤の利用

を抜け毛の状態に合わせて選ぶ必要があります。

 

医師に相談すると、まずは生活改善のアドバイスをもらいますが
毎日抜ける毛を前に、「のんびりしていられないよ〜」というのが事実かと思います。

【この記事の目次】
※クリックで記事へ飛びます

女性の更年期障害抜け毛の治療方法


女性の薄毛・抜け毛専門クリニックなどで、すぐおこなってもらえる
更年期障害抜け毛の本格医療の治療方法としては

  • ホルモン充填療法
  • フェナステリドなどの薬物治療
があります。

 

ピンポイントで作用するので効果を実感する方が多い反面

 

いずれも複数の副作用が報告されており
デリケートな女性には適さない事も少なくありません。

病気以外での抜け毛は自由診療となるので保険適用外です。

 

短期間で急激に抜け毛が起きた場合は病気の可能性がありますが
数ヶ月〜数年かけてゆっくりと毛の量が減っていった場合はストレスや加齢、遺伝にあたるため
保険適用外となります。

 

さらに病気以外の抜け毛では
一般の病院では「異常なし」と判断され、対処されない事も多いのです。

 

 

そこで近年、人気が高まっているのが
女性専用の育毛剤の利用です。

 

副作用のある治療・高額な治療をする前に、まず自宅でケアを
という方が利用しています。

 

更年期で減少した女性ホルモンに外部から作用する
天然成分育毛剤が主流です。

 

皮膚科医が開発した女性育毛剤もあります。
>>詳しくはこちらをご覧ください

 

>>目次へ戻る

【大切】間違わない更年期抜け毛育毛剤の選び方3つのポイント

女性専用であること
無添加(低刺激・無香料)であること
敏感肌でも大丈夫であること

の3ポイントに気をつけて選ぶことが大切です。

 

男性用の育毛剤と
女性用の育毛剤では

作用が全く違います!

 

くれぐれも旦那様の育毛剤は使用しないようにしましょう!
>>目次へ戻る

33歳〜53歳が選ぶ更年期女性専用育毛剤ベスト7

上記の条件に加えて返金保証制度がしっかりしている点などを考慮

 

大手口コミサイトからの集計結果。

 

さらに雑誌やTVなどでの認知度、売上などからランキング付けしました。

 

ピックアップ!

今月は
【長春毛精】の※限定モニターセットが売れています。
>>お試し500円

 

完全無添加「マイナチュレ」

効果・効能が厚生労働省に認可されている育毛剤です。

 

 


【編集部コメント】

当サイト編集部では40代の女性ライターさんが多いのですが、実際に使ってもらって1番評価が高かったのがマイナチュレです。
とにかく販売店の商品に対する自信がスゴイです。価格にも表れていて、定期コースで初回980円です。そして半年分の6本分まで全額返金保証(180日間)が付いています。とりあえず6本までは無料で試せるイメージですね。
サラッとしていて低刺激な天然成分。ニオイもほぼありません。売れ行きデータを見てもダントツです。10年以上売れ続けているというのにも頷ける結果となりました。
液だれが気になるというスタッフがおりましたが、液だれしないマッサージ方法なども動画であり、見せたところ使いやすくなったようです。

購入後のサポートも至れり尽くせりで好感度も高い結果となりました。

 

マイナチュレは【通販専用品です】

【商品データ】

  • 厚生労働省認可
  • 日本薬学会にて抗酸化・抗炎化・抗糖化・コラーゲン誘導作用の効果を確認発表
  • リピート率96.5%
  • モンドセレクション3年連続金賞
  • 口コミサイト41週ランクイン
  • 余計な成分を一切入れない無添加
  • 敏感肌、妊婦でもOK

 

【購入データ】

  • 一日2回使用⇒1回約15円キャンペーン適用価格にて
  • 先着順〜初回82%OFFキャンペーン中
  • 180日の全額返金保証つき(6本まで返品可能)
  • 送料無料

 

※特設キャンペーン(プレゼント付き)を用意してもらいました。

【マイナチュレ公式】※2017年2月のキャンペーン
>>>http://www.my-nature.jp/2月特設キャンペーン

 

イクオス


【編集部コメント】

総合的な人気ではマイナチュレでしたが、スタッフの育毛実感で人気だったのがイクオスです。かゆみが消えたという者もいました。
3か月以内の発毛率が78%という実績も売れている要素かと思います。
たくさんの育毛実験をホームページで公開しているのも特殊ですね。
シュワシュワした清涼感やニオイはありません。ベタつきもありませんでした。

 

【商品データ】

  • 厚生労働省認可61種類の天然成分
  • 刺激成分無添加
  • 3ヶ月以内に78%が育毛を実感
  • 満足度97.5%
  • モンドセレクション受賞

 

【購入データ】

  • 一日2回使用⇒1回約80円
  • 78%OFFキャンペーン中・送料無料
  • 使いきっても全額返金(45日間)

 

【イクオス公式】※2017年2月のキャンペーン
こちらも特設キャンペーンを用意してもらいました。
>>http://iqos-official.jp/CP

 

 

ベルタ育毛剤

 


【編集部コメント】

50代の某有名女優が使用していた事からも認知度は高いようです。産後抜け毛に悩む30代の娘と一緒に使っているスタッフがいます。
ベルタブランドは有名でファンがいるくらいです。ニオイや刺激はありません。べたつきもなくサラッとしています。
1週間に1度使うクレンジングシャンプーが付属しています。

【商品データ】

  • 厚生労働省認可
  • 天然由来成分99.6%(56種類)
  • 頭皮の硬化対策
  • 成分のナノ化による浸透性UP

 

【購入データ】

  • 一日2回使用⇒1回約69円
  • 50%OFFキャンペーン中・送料無料
  • 90日全額返金保証つき(公式購入のみ)

 

【ベルタ育毛剤】※2017年2月のキャンペーン
>>https://belta-shop.jp/

 

 

↓↓【お試し品あり

長春毛精


【編集部コメント】

女性育毛サロンが開発した更年期向け育毛剤です。
女性育毛剤では珍しいお試しモニターセット(500円)があります。更年期障害用の育毛剤は初めてなので、とりあえず試してみたい!という方には朗報です。
定期購入でも1000円なので驚きです。ケアは1日1回で良いので楽ちんです。
ニオイはありません。ベタつきもありません。

 

【商品データ】

  • 満足度97.2%
  • 医学院との共同開発
  • 30年間10万人の実績
  • 公式サイトからの500円モニター募集あり
  • 成分のナノ化による高浸透率

 

【購入データ】

  • 数量限定500円モニターあり(一回限り)
  • 定期購入1000円キャンペーン中・送料無料
  • いつでも解約・ストップ可能

 

 

【長春毛精】
※限定モニターセット
>>>http://store.biotech.ne.jp/お試し500円

 

 

定期便
http://store.biotech.ne.jp/定期1000円

 

 

花蘭咲


【編集部コメント】

テレビでの紹介後から爆発的に人気が出ているようです。育毛成分としては高級なエビネ蘭エキスが配合せれているので
セレブ気分の育毛剤と言えますね。多少、香りがありますが、すぐに消えます。
成分のわりに価格が低いのも人気の理由かもしれません。

 

【商品データ】

  • 厚生労働省認可
  • 96%の実感率
  • エビネ蘭エキス配合
  • 刺激成分無添加

 

【購入データ】

  • 一日2回使用⇒1回約42円
  • 65%OFFキャンペーン中・送料無料

 

【花蘭咲】特設キャンペーンサイト
>>https://www.mycare.co.jp/

 

CA101


【編集部コメント】

機内の乾燥、電磁波、気圧の急激な変化、時差などからの髪のトラブルに悩んだ101人の国際線客室乗務員が開発した育毛剤です。
ホームページを見みると75歳の方の実例写真がありますが、スゴいですね。

 

【商品データ】

  • リピート率96%
  • 皮膚科学理論からの育毛剤
  • 高齢者に定評あり

 

【購入データ】

  • 一日2回使用⇒1回約42円
  • 20%OFFキャンペーン中・送料無料
  • 使いきってもOK〜30日の返金保証つき

 

【CA101】公式サイト
>>>https://www.ca101.net/

 

デルメッド


【編集部コメント】

三省製薬の育毛剤ということで安心感が大きいですね。20年の信頼を持つ、独自開発の成分を配合しています。
そして価格が低い点もスゴいですね。
フローラルの香りですが、あまり残りません。スッとした使い心地です。

 

【商品データ】

  • 抜け毛ストップ満足度80%
  • 独自成分CTP配合
  • 製薬会社ならではの研究による実証

 

【購入データ】
一日2回使用⇒1回約17円
50%OFFキャンペーン中・送料無料

 

【デルメッド育毛剤】公式サイト
http://www.dermed.jp/try/hair_essence/

「更年期抜け毛用育毛剤」編集部まとめ

やはり1番人気はマイナチュレでした。

 

特に
購入後の毛髪診断士によるサポートが高評価です。

 

 

完全無添加であり、
日本薬学会でも認められているロングセラー商品という信頼性もあるかと思います。

 

リニューアルしてとても買いやすい価格になった事も大きいかもしれませんね。

【マイナチュレ公式】※2月の特別キャンペーンを用意していただいています。

 

先着順です。お間違いなく!
>>>http://www.my-nature.jp/2月特設キャンペーン

 

>>目次へ戻る

 

更年期抜け毛対策成分

更年期抜け毛を増やさないようにするその対策として有効な成分にについて解説します。

 

センブリ

センブリは北海道の南西部からの九州まで幅広く生えている薬草で、その効果としては胃の調子を整える効果の他に炎症を抑えて血行を促進して頭皮の毛母細胞を活性化させる作用があるとされています。
頭皮の血行不良や頭皮環境の悪化などによって抜け毛が増えている場合には非常に有効だとされています。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

直接毛根に刺激を与えるような作用はないとされていますが、炎症を抑えて頭皮環境を整える作用があるためフケなどが多く頭皮環境が悪化していることで抜け毛となっていつ更年期の人には効果的とされています。

 

酢酸DLαトコフェロール

頭皮の血流不良や環境悪化によって抜け毛が助長してしまうのを酢酸DLαトコフェロールの作用によって炎症を抑えて血流を促進することで頭皮に良い作用を与えて抜け毛防止効果を期待できると言えます。

 

頭皮の衛生面を維持して髪が生えやすい環境を作っていく効果が期待できるとされています。

 

三石昆布

そもそも昆布は髪の毛を生やすに良い食材とは言われていますが三石昆布にはチャップアップなどの育毛剤に含まれるM-034という育毛成分が含まれており、脱毛因子であるFGF-5を少なくして抜け毛を少なくさせる発毛因子であるFGF-5Sを増やすことで抜け毛防止効果を期待することができるとされています。

 

M-034

三石昆布のところでも説明したようにそもそもはフコダインなどと同じく三石昆布のぬめり成分であったM-034が脱毛因子のFGF-5と発毛因子のFGF-5Sにそれぞれ作用することから、そのメカニズムに注目することで抜け毛防止効果が期待できるとされています。

 

まだまだありますが
このように、更年期の抜け毛対策成分として有効な成分は数多く存在するとされています。

 

ただ、すべての成分がすべての人に同じような効果をもたらしてくれるとは限りません。

 

ご自分の頭皮や髪の毛にはどんな成分が有効なのかよく検討した上で使用していくのが良いと言えるでしょう。

 

上記成分がメインで配合されているのは>>マイナチュレ>>イクオスになります。

 

更年期抜け毛はいつから始まっているの?

更年期抜け毛の悩みは増加傾向にあり、女性用の育毛剤がいつからか隠れたヒット商品になっています。
抜け毛や薄毛に悩む女性の多さが伺えますが、抜け毛と関係が深いとされる更年期はいつから始まるのでしょうか。

 

 

更年期障害は閉経を迎える50歳前後に起きると言われています。
体のほてり・動機・感情の起伏を制御できない・冷え・乾燥、この他に白髪や抜け毛も症状として挙げられています。

 

 

更年期障害の程度や開始時期は個人差が大きく、全く感じない人もいれば、30代後半から現れる人もいます。
>>目次へ戻る

更年期障害(抜け毛)の原因

更年期障害の原因は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少することが一因です。
エストロゲンは35歳以降減少傾向にあるので、30代後半〜40代前半から抜け毛が気になり始める人が増えるのです。

 

 

また女性が仕事を持ちながら育児をする現代の社会では、ストレスや睡眠不足等、頭皮にとってあまり良い状況とは言えません。
頭皮に栄養を行き渡らせ抜け毛を減少させるため、まずは手軽な対策から始めていきましょう。

ストレスホルモン「コルチゾール」を減らす方法

 

ストレスホルモンといわれるコルチゾール。大量に分泌されると精神的にも身体的にも悪い影響をおよぼしてしまいます。女性の更年期抜け毛に深く関係している物質でもあります。分泌のメカニズム、分泌による影響、対処法を見ながら、コルチゾールを減らす方法とはなにかを知っておきましょう!
まず、分泌のメカニズムです。ストレスを受け始めたとき、体の中ではアドレナリンが放出されます。これは体に悪影響を及ぼすことがありません。しかし、長い間ストレスを受け続けていると、コルチゾールが放出されてしまいます。これによって副腎がダメージを受け、副腎疲労となってしまいます。
次に、どのような影響があるのかです。主に二つあり、一つは、風邪をひきやすくなってしまうことです。免疫が下がり病気にかかりやすくなってしまいます。もう一つは、太りやすくなってしまうことです。成長ホルモンが減少し、眠りにくくなり、肥満体質になりやすくなります。なくてはならないホルモンであるとはいえ、たくさん分泌されることはよくないのです。
そこで最後に、対処法です。ビタミンCを摂りましょう。ふとすっぱいものが食べたくなるのは、身体が疲れを訴えているからです。ビタミンC豊富な食物を摂るようにしましょう。副腎の働きが活発になり、コルチゾールの分泌も抑制できます。美肌にも効果的です。その他には日光に当たる時間を増やすようにしましょう。体内時計を整える働きがあり、精神の安定を促します。
これらのことをポイントに、ストレスと上手く付き合っていきましょう。

 

髪の毛の成長などにかかわりをもつため、エストロゲンは大切です。
しかし、更年期に入ると、このエストロゲンの分泌量がかなり減少してしまう傾向があり、そのため、髪の毛が細くなったり、抜け毛などが増加してしまう原因になります。

 

また、抜け毛が増加してしまうことで、髪の毛のボリュームが減ることになり、ヘアスタイルなどにこだわっていた方は、悩みを抱えてしまうこともあります。
男性の場合と抜け毛のパターンが異なるため、抜け毛に気づきにくいのも女性の場合の特徴といえます。

 

男性の更年期抜け毛

前頭部の髪の毛の生え際などから徐々に薄毛が進行したり、頭頂部から抜け毛が増加してくるため、定期的に鏡でチェックしたりすることで、ある程度初期段階で薄毛になりかけていることに気づくことができます。

 

女性の更年期抜け毛

髪の毛が細くなり、また髪の毛全体から徐々に薄毛が進行してしまうため、定期的にチェックしても薄毛に気づきにくいため、気がついた時にはかなり薄毛が進行してしまっていることもあります。

 

対策や治し方

大豆類などを積極的に食事に取り入れることも大切です。
大豆製品には、イソフラボンが含まれているため、不足している女性ホルモンをある程度補うことにつながります。

 

そのため、食生活を改善して、大豆や豆類などを積極的に食事に取り入れていくように心がけていきましょう。

 

洗髪に使うシャンプーなども、一度見直してみるといいでしょう。加齢に伴い肌の状態も徐々に変化しています。

 

若い時期に比べて肌なども外部からの刺激に弱くなっていることも考えられます。
そのため、頭皮でも同じことがいえるでしょう。今まで使っていたシャンプーなどが頭皮に対して負担が大きく刺激が強いと、これも抜け毛などの増加につながることもあります。そのため、自分の頭皮にあったシャンプーを選び、低刺激なものを使うようにすることも対策の一つになるでしょう。

 

その他にも、ホルモンバランスを乱すような生活習慣などは改善することも大切です。
不規則な生活、睡眠不足などの場合には、改善し、規則正しい生活を送り、睡眠をしっかりとれるように改善を心がけていきましょう。
>>目次へ戻る

更年期抜け毛に良い食べ物

大豆に含まれるイソフラボンはエストロゲンと同様の働きをする成分です。
豆腐・豆乳・納豆等を積極的に食べてイソフラボンを摂取しましょう。

 

 

また規則正しい生活もホルモンバランスの乱れにはとても有効です。
特に夜は出来るだけ早めに眠りにつき、ホルモンの分泌を促すことも大切です。
>>目次へ戻る

更年期抜け毛の薬〜ミノキシジルの効果と副作用

人は誰もが薄毛になると精神的にもショックを抱えてしまうもの。

 

 

こうした症状を改善する更年期抜け毛薬として知られるミノキシジルは薬局で購入したりクリニックでも処方してもらえるなど幅広く知られた特効薬です。

 

ミノキシジルの効果とは、一言で頭皮の毛細血管の拡張作用にあります。こうして血流量を増やすことで栄養分の補充を十分に行えるようにして、栄養不足に陥っていた頭髪を再び活性化させるのです。ただし一方の注意すべき点もあります。

 

 

ミノキシジルの副作用とは、血管の拡張によって血圧が下がるため、もともと低血圧の人にとっては血管や心臓に負担をかける可能性があるということです。

 

なおかつ、血行が良くなることで発疹やかゆみが生じたり、あるいは血流量が増えることで動悸や息切れ、性欲減退、鬱などを引き起こす可能性も指摘されています。
>>目次へ戻る

更年期抜け毛薬〜フェナステリドの効果と副作用

多くの男性を悩ませる薄毛症状ですが、これらを改善するための治療薬として知られるのが更年期抜け毛薬のフェナステリドです。

 

 

もともとは前立腺肥大症の治療薬の開発途中に偶然にも発毛効果が認められたことで発見されたこのフェナステリドはクリニックにおけるAGA治療などで処方されます。

 

フェナステリドの効果

フェナステリドの効果とは頭皮にある特殊な酵素の働きを抑制し、これが男性ホルモンと反応して頭髪の成長サイクルを乱す物質を分泌するのを抑えます。

 

これを服用することで徐々に頭髪が正常化していくのです。

 

その一方で注意すべき点も存在します。

 

フェナステリドの副作用

気になるフェナステリドの副作用とは、男性ホルモンとの兼ね合いによって性欲減退、勃起不全、鬱などの症状が現れるというもの。

 

 

さらに肝機能障害やかゆみ、発疹などの症状が出る可能性もあるので、もしも何らかの異変が実感された場合にはすぐに医師に相談することが必要です。
>>目次へ戻る

更年期抜け毛治療〜費用目安・保険適用など

女性特有の体の悩みに、更年期があり、そのさまざま症状の治療に、保険適用が可能な場合があります。
とくに、更年期のホルモンバランスの崩れを原因とした抜け毛の増加には、保険適用になることを知らない場合も少なくありません。

 

 

例えば、
プラセンタ注射によって、抜け毛の改善効果が期待できることがわかっていますが、この治療にも、更年期障害の改善が目的の場合は、保険適用が可能です。

 

 

治療の、実際の費用目安としては、注射が一回当たり2000円としたら、保険適用とするケースでは500円ほどになることもあります。

 

 

注射の回数は、医師の判断や個人の体質などにもよりますが、最初2〜3ヶ月は週に2回から3回ほど行い、その後は週に1回程度とするのが一般的です。

 

 

そのため、治療のほかにサプリメントなどを購入したとしても、だいたいの費用目安がわかるため、安心して更年期の症状を改善する対策が実行できます。

 

 

保険適用ができることはもちろん、ホルモン補充療法やストレスへの対処など、抜け毛の症状だけでなく、いろいろな更年期症状の治療に対応しているクリニックをみつけておくことが大切です。
また、長期間の通院になる場合は、最初に費用目安を確認しておくと、金銭的な不安を解消することができます。

更年期抜け毛がひどい時は、ホルモン充填療法?デメリットは大丈夫?

更年期になるとホルモンのバランスが崩れ、更年期障害の症状に悩む人が増え
女性に多く見られますが、男性でもその症状で悩む人は珍しくありません。

 

 

多汗やのぼせ、さらにほてりなどと言った症状もありますが、人によっては抜け毛で悩まされてしまう事もあります。

 

 

少々の抜ける程度であればそれ程心配する必要はありませんが、ひどい状態になるとその症状を軽減する必要が出てきます。
そこで用いられる方法の一つがホルモン充填療法です。

ホルモン充填療法って?

ホルモン充填療法とは不足している性ホルモンを補充することによって、ひどい抜け毛などの症状を軽減させる効果が期待できる物となっています。
更年期障害の症状で悩んでいる人にとってはとても有効的な方法と言えますが、注意したいのはそのデメリットです。

 

 

そのデメリットとして注意したいのが副作用に関する事です。
一般的には下腹部の張りや子宮がん、乳がんのリスクのアップと言う事が有名です。

 

 

その為、実際にホルモン充填療法を行う場合はメリットとデメリットをよく理解し、病院でもしっかりと説明を受けて医師とよく相談した上でどうするかを決める必要があります。
そして気になる点がある場合はそれをまずは解決してからホルモン充填療法を選びましょう。

 

 

 

 

<更年期抜け毛の概要>
更年期になり抜け毛を気にしている方が増えています。自分だけではないかと抜け毛に悩み、相談しようとしても意外と周りに少ないのか更年期抜け毛の特徴です。女性も40代を過ぎると、様々な部分に不調が増えてきます。その目立つ部分に、髪の毛の量が急激に減ってしまったと言った抜け毛問題があります。更年期だからと諦める必要はありません。しっかりと対処することによって、薄毛の進行を止めたり、抜け毛を減らすことが可能です。髪の毛には生え代わり周期があるため、抜け毛の悪化を止めることができれば健康な髪の毛を取り戻すことが可能です。まず、更年期と言うと、急に体が重く感じたり、今まで大丈夫だった化粧品が合わなくなったりと体全体のことから、細かな肌の状態など洗える部分に問題が現れ始めます。この症状が更年期に関連しているかはいまいち自分でも判断することが難しいものでもあります。1つの判断材料として髪の毛の量が少なくなったと言う、更年期の抜け毛は大きなものです。早い段階でしっかりと対処することによって更年期の抜け毛は予防することが可能ですし、改善することも可能です。しかしながら、女性の更年期についてしっかりと勉強されている方は意外と少ないかと思います。自分に更年期障害が現れて初めてしっかりと勉強しようと考えるのではないでしょうか。更年期とは、女性の閉経に対してその前と後の五年間のことをいいます。女性の多くは50歳手前ぐらいから閉経を迎えることが多いとされています。一般的にはこういったタイミングから更年期の抜け毛が始まるとされていますが、若い人であっても、エストロゲンのバランスがかけれることによって、30代前半から体の不調や抜け毛、薄毛が始まることもあります。更年期症状が現れてくるメカニズムとしては、1番深く関係しているエストロゲンの分泌治療にあります。30歳半ばを過ぎると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌つの量が一気に減少します。さらに年齢を重ねてゆくと、閉経をしたタイミングと同時に分泌は止まります。このエストロゲンが完全に止まってしまうと、今まで体に存在していたものがなくなるので、一気に体全体に様々な症状が現れます。目立ってくるのが肩こり、腰痛、頭痛でしょうか。これに加えて冷え性、顔や体の火照り、メニエール病などのめまい、頻尿、LDLコレステロールの悪化、女性に多い骨粗しょう症、お肌の老化、抜け毛、薄毛、白髪、イライラ、虚無感、不安症などです。多くの場合、個人差があるため周りの同じ年代の女性に自分と同じような症状が現れていないことに焦る方も多いとされています。自分以外の女性が、同じ年代でも抜け毛に悩んでおらず、ふさふさとした髪の毛を維持している場合には特に自分の抜け毛に対してコンプレックスを抱えてしまいがちです。更年期障害には個人差が大きいといったことをしっかりと覚えておきましょう。更年期の症状があまりにも辛く表面化してしまっている場合には、病院においてしっかりと治療することが大切になります。更年期に置いて、エストロゲンの分泌が減少してくると、抜け毛が増えます。これは、エストロゲンに健康的な毛髪を成長させるといった働きがあるからです。エストロゲンが少なくなってしまうと、髪の毛の成長期間が極端に短くなり生え変わるるまでの期間が非常に長くなってしまいます。この期間には、新しい髪の毛がしばらく入ってこないため、髪の毛の本数が減ってしまったり、細くなってしまったりすることによって抜け毛に対する恐怖も大きくなってしまうというわけです。この時期に起こってしまう抜け毛は、女性の更年期だけのもので、男性の抜け毛とは大きく違ってきます。一般的には、びまん性脱毛症や、女性脱毛症と言われています。男性の脱毛症とは根本的に原因が違うため、対処方法も全く違うということを覚えておきましょう。更年期における抜け毛を防止するためには、エストロゲンの減少を抑えることが重要になります。近年、女性のエストロゲンの減少を抑える食品として大豆が良いとされていますね。大事に含まれている大豆イソフラボンは、エストロゲンと似ている働きをするため、更年期障害や、女性特有の疾患に良いとされています。しかしながら、女性ホルモンに近い働きをするため、あまりにも多く摂取してしまうと悪影響を及ぼしてしまうこともあるとされています。通常、食べられる量の大豆であれば特に問題があるとはされていませんが、納豆を食べる場合であれば2パック程度が目安です。更年期障害における、抜け毛を予防するためには、頭皮の血行を促す必要があります。頭皮の血流が悪くなってしまうと、髪の毛の大元でもある、毛根に対して必要な栄養や酸素が行き渡らなくなります。そうなってしまうと、生え変わる周期が長いため、抜け毛や薄毛の減少が目立つ結果となります。それは大きなストレスになってしまい、ストレス性の抜け毛も促進させることにつながってしまいます。更年期抜け毛を予防するためには、何よりも頭皮を始めとした体全体の血流を良くすることを心がけましょう。摂取しておきたい食べ物としては、ビタミンEを多く含むかぼちゃ、ビタミンCを多く含むブロッコリーなどです。これらに加えて、血流促進効果のあるカプサイシンなども良いとされています。食べ物に加えて、しっかりと運動することも重要です。無理に汗をかくような運動する必要はありません。毎日コツコツと小さな運動を続けることによって更年期におけるさまざまな症状が緩和するとされています。運動後長く継続することによって、基礎的な筋力低下をストップし、卵巣機能の低下を予防することが期待できます。それでは体全体の血流を促す形になり、酒を始めとする様々な精神的な低迷も予防することが可能だと言われています。これはストレスを解消する効果もあり、エストロゲンの減少によるうつ病の防止にも役に立つとされています。あまりにも、更年期の症状が辛いと感じる場合には病院に行って適切な治療法を施すことも考えましょう。更年期の抜け毛を改善するためには、まずは頭皮の血流を促すことが重要ですが、それ以外の症状も同時に改善しようとするのであればホルモン治療が必要になります。しかしながら女性ホルモンを直接的に増やすホルモン療法では、肥満、肌荒れ、乳がんリスク等といった様々なデメリットもあるとされています。

更新履歴