更年期抜け毛

更年期の抜け毛の全て

更年期抜け毛はいつから始まっているの?

更年期抜け毛の悩みは増加傾向にあり、女性用の育毛剤がいつからか隠れたヒット商品になっています。
抜け毛や薄毛に悩む女性の多さが伺えますが、抜け毛と関係が深いとされる更年期はいつから始まるのでしょうか。

 

 

更年期障害は閉経を迎える50歳前後に起きると言われています。
体のほてり・動機・感情の起伏を制御できない・冷え・乾燥、この他に白髪や抜け毛も症状として挙げられています。

 

 

更年期障害の程度や開始時期は個人差が大きく、全く感じない人もいれば、30代後半から現れる人もいます。

更年期障害(抜け毛)の原因

更年期障害の原因は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少することが一因です。
エストロゲンは35歳以降減少傾向にあるので、30代後半〜40代前半から抜け毛が気になり始める人が増えるのです。

 

 

また女性が仕事を持ちながら育児をする現代の社会では、ストレスや睡眠不足等、頭皮にとってあまり良い状況とは言えません。
頭皮に栄養を行き渡らせ抜け毛を減少させるため、まずは手軽な対策から始めていきましょう。

更年期抜け毛に良い食べ物

大豆に含まれるイソフラボンはエストロゲンと同様の働きをする成分です。
豆腐・豆乳・納豆等を積極的に食べてイソフラボンを摂取しましょう。

 

 

また規則正しい生活もホルモンバランスの乱れにはとても有効です。
特に夜は出来るだけ早めに眠りにつき、ホルモンの分泌を促すことも大切です。

更年期抜け毛薬〜ミノキシジルの効果と副作用

人は誰もが薄毛になると精神的にもショックを抱えてしまうもの。

 

 

こうした症状を改善する更年期抜け毛薬として知られるミノキシジルは薬局で購入したりクリニックでも処方してもらえるなど幅広く知られた特効薬です。

 

ミノキシジルの効果とは、一言で頭皮の毛細血管の拡張作用にあります。こうして血流量を増やすことで栄養分の補充を十分に行えるようにして、栄養不足に陥っていた頭髪を再び活性化させるのです。ただし一方の注意すべき点もあります。

 

 

ミノキシジルの副作用とは、血管の拡張によって血圧が下がるため、もともと低血圧の人にとっては血管や心臓に負担をかける可能性があるということです。

 

なおかつ、血行が良くなることで発疹やかゆみが生じたり、あるいは血流量が増えることで動悸や息切れ、性欲減退、鬱などを引き起こす可能性も指摘されています。

更年期抜け毛薬〜フェナステリドの効果と副作用

多くの男性を悩ませる薄毛症状ですが、これらを改善するための治療薬として知られるのが更年期抜け毛薬のフェナステリドです。

 

 

もともとは前立腺肥大症の治療薬の開発途中に偶然にも発毛効果が認められたことで発見されたこのフェナステリドはクリニックにおけるAGA治療などで処方されます。

 

フェナステリドの効果

フェナステリドの効果とは頭皮にある特殊な酵素の働きを抑制し、これが男性ホルモンと反応して頭髪の成長サイクルを乱す物質を分泌するのを抑えます。

 

これを服用することで徐々に頭髪が正常化していくのです。

 

その一方で注意すべき点も存在します。

 

フェナステリドの副作用

気になるフェナステリドの副作用とは、男性ホルモンとの兼ね合いによって性欲減退、勃起不全、鬱などの症状が現れるというもの。

 

 

さらに肝機能障害やかゆみ、発疹などの症状が出る可能性もあるので、もしも何らかの異変が実感された場合にはすぐに医師に相談することが必要です。

更年期抜け毛治療〜費用目安・保険適用など

女性特有の体の悩みに、更年期があり、そのさまざま症状の治療に、保険適用が可能な場合があります。
とくに、更年期のホルモンバランスの崩れを原因とした抜け毛の増加には、保険適用になることを知らない場合も少なくありません。

 

 

例えば、
プラセンタ注射によって、抜け毛の改善効果が期待できることがわかっていますが、この治療にも、更年期障害の改善が目的の場合は、保険適用が可能です。

 

 

治療の、実際の費用目安としては、注射が一回当たり2000円としたら、保険適用とするケースでは500円ほどになることもあります。

 

 

注射の回数は、医師の判断や個人の体質などにもよりますが、最初2〜3ヶ月は週に2回から3回ほど行い、その後は週に1回程度とするのが一般的です。

 

 

そのため、治療のほかにサプリメントなどを購入したとしても、だいたいの費用目安がわかるため、安心して更年期の症状を改善する対策が実行できます。

 

 

保険適用ができることはもちろん、ホルモン補充療法やストレスへの対処など、抜け毛の症状だけでなく、いろいろな更年期症状の治療に対応しているクリニックをみつけておくことが大切です。
また、長期間の通院になる場合は、最初に費用目安を確認しておくと、金銭的な不安を解消することができます。

更年期抜け毛がひどい時は、ホルモン充填療法?デメリットは大丈夫?

更年期になるとホルモンのバランスが崩れ、更年期障害の症状に悩む人が増え
女性に多く見られますが、男性でもその症状で悩む人は珍しくありません。

 

 

多汗やのぼせ、さらにほてりなどと言った症状もありますが、人によっては抜け毛で悩まされてしまう事もあります。

 

 

少々の抜ける程度であればそれ程心配する必要はありませんが、ひどい状態になるとその症状を軽減する必要が出てきます。
そこで用いられる方法の一つがホルモン充填療法です。

ホルモン充填療法って?

ホルモン充填療法とは不足している性ホルモンを補充することによって、ひどい抜け毛などの症状を軽減させる効果が期待できる物となっています。
更年期障害の症状で悩んでいる人にとってはとても有効的な方法と言えますが、注意したいのはそのデメリットです。

 

 

そのデメリットとして注意したいのが副作用に関する事です。
一般的には下腹部の張りや子宮がん、乳がんのリスクのアップと言う事が有名です。

 

 

その為、実際にホルモン充填療法を行う場合はメリットとデメリットをよく理解し、病院でもしっかりと説明を受けて医師とよく相談した上でどうするかを決める必要があります。
そして気になる点がある場合はそれをまずは解決してからホルモン充填療法を選びましょう。

 

 

 

 

<更年期抜け毛の概要>
更年期になり抜け毛を気にしている方が増えています。自分だけではないかと抜け毛に悩み、相談しようとしても意外と周りに少ないのか更年期抜け毛の特徴です。女性も40代を過ぎると、様々な部分に不調が増えてきます。その目立つ部分に、髪の毛の量が急激に減ってしまったと言った抜け毛問題があります。更年期だからと諦める必要はありません。しっかりと対処することによって、薄毛の進行を止めたり、抜け毛を減らすことが可能です。髪の毛には生え代わり周期があるため、抜け毛の悪化を止めることができれば健康な髪の毛を取り戻すことが可能です。まず、更年期と言うと、急に体が重く感じたり、今まで大丈夫だった化粧品が合わなくなったりと体全体のことから、細かな肌の状態など洗える部分に問題が現れ始めます。この症状が更年期に関連しているかはいまいち自分でも判断することが難しいものでもあります。1つの判断材料として髪の毛の量が少なくなったと言う、更年期の抜け毛は大きなものです。早い段階でしっかりと対処することによって更年期の抜け毛は予防することが可能ですし、改善することも可能です。しかしながら、女性の更年期についてしっかりと勉強されている方は意外と少ないかと思います。自分に更年期障害が現れて初めてしっかりと勉強しようと考えるのではないでしょうか。更年期とは、女性の閉経に対してその前と後の五年間のことをいいます。女性の多くは50歳手前ぐらいから閉経を迎えることが多いとされています。一般的にはこういったタイミングから更年期の抜け毛が始まるとされていますが、若い人であっても、エストロゲンのバランスがかけれることによって、30代前半から体の不調や抜け毛、薄毛が始まることもあります。更年期症状が現れてくるメカニズムとしては、1番深く関係しているエストロゲンの分泌治療にあります。30歳半ばを過ぎると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌つの量が一気に減少します。さらに年齢を重ねてゆくと、閉経をしたタイミングと同時に分泌は止まります。このエストロゲンが完全に止まってしまうと、今まで体に存在していたものがなくなるので、一気に体全体に様々な症状が現れます。目立ってくるのが肩こり、腰痛、頭痛でしょうか。これに加えて冷え性、顔や体の火照り、メニエール病などのめまい、頻尿、LDLコレステロールの悪化、女性に多い骨粗しょう症、お肌の老化、抜け毛、薄毛、白髪、イライラ、虚無感、不安症などです。多くの場合、個人差があるため周りの同じ年代の女性に自分と同じような症状が現れていないことに焦る方も多いとされています。自分以外の女性が、同じ年代でも抜け毛に悩んでおらず、ふさふさとした髪の毛を維持している場合には特に自分の抜け毛に対してコンプレックスを抱えてしまいがちです。更年期障害には個人差が大きいといったことをしっかりと覚えておきましょう。更年期の症状があまりにも辛く表面化してしまっている場合には、病院においてしっかりと治療することが大切になります。更年期に置いて、エストロゲンの分泌が減少してくると、抜け毛が増えます。これは、エストロゲンに健康的な毛髪を成長させるといった働きがあるからです。エストロゲンが少なくなってしまうと、髪の毛の成長期間が極端に短くなり生え変わるるまでの期間が非常に長くなってしまいます。この期間には、新しい髪の毛がしばらく入ってこないため、髪の毛の本数が減ってしまったり、細くなってしまったりすることによって抜け毛に対する恐怖も大きくなってしまうというわけです。この時期に起こってしまう抜け毛は、女性の更年期だけのもので、男性の抜け毛とは大きく違ってきます。一般的には、びまん性脱毛症や、女性脱毛症と言われています。男性の脱毛症とは根本的に原因が違うため、対処方法も全く違うということを覚えておきましょう。更年期における抜け毛を防止するためには、エストロゲンの減少を抑えることが重要になります。近年、女性のエストロゲンの減少を抑える食品として大豆が良いとされていますね。大事に含まれている大豆イソフラボンは、エストロゲンと似ている働きをするため、更年期障害や、女性特有の疾患に良いとされています。しかしながら、女性ホルモンに近い働きをするため、あまりにも多く摂取してしまうと悪影響を及ぼしてしまうこともあるとされています。通常、食べられる量の大豆であれば特に問題があるとはされていませんが、納豆を食べる場合であれば2パック程度が目安です。更年期障害における、抜け毛を予防するためには、頭皮の血行を促す必要があります。頭皮の血流が悪くなってしまうと、髪の毛の大元でもある、毛根に対して必要な栄養や酸素が行き渡らなくなります。そうなってしまうと、生え変わる周期が長いため、抜け毛や薄毛の減少が目立つ結果となります。それは大きなストレスになってしまい、ストレス性の抜け毛も促進させることにつながってしまいます。更年期抜け毛を予防するためには、何よりも頭皮を始めとした体全体の血流を良くすることを心がけましょう。摂取しておきたい食べ物としては、ビタミンEを多く含むかぼちゃ、ビタミンCを多く含むブロッコリーなどです。これらに加えて、血流促進効果のあるカプサイシンなども良いとされています。食べ物に加えて、しっかりと運動することも重要です。無理に汗をかくような運動する必要はありません。毎日コツコツと小さな運動を続けることによって更年期におけるさまざまな症状が緩和するとされています。運動後長く継続することによって、基礎的な筋力低下をストップし、卵巣機能の低下を予防することが期待できます。それでは体全体の血流を促す形になり、酒を始めとする様々な精神的な低迷も予防することが可能だと言われています。これはストレスを解消する効果もあり、エストロゲンの減少によるうつ病の防止にも役に立つとされています。あまりにも、更年期の症状が辛いと感じる場合には病院に行って適切な治療法を施すことも考えましょう。更年期の抜け毛を改善するためには、まずは頭皮の血流を促すことが重要ですが、それ以外の症状も同時に改善しようとするのであればホルモン治療が必要になります。しかしながら女性ホルモンを直接的に増やすホルモン療法では、肥満、肌荒れ、乳がんリスク等といった様々なデメリットもあるとされています。

2016/07/04 23:24:04 |
抜け毛は男性だけの悩みではなく、年齢が高くなると女性も抜け毛で悩むことがあります。抜け毛は生活習慣が影響していることもありますが、年齢を重ねることでの抜け毛を止めることは難しいです。女性の抜け毛は、頭皮全体から徐々に抜けていることが多いのですが、髪の毛が束で抜けてしまったり、頭皮の一部が一気に抜けてしまうなどの状況になる場合があります。このような状態は病気が原因になっている可能性があります。考えられる病気のひとつに若年性更年期障害が考えられます。特徴若年性更年期障害抜け毛の特徴とは加齢によって抜け毛が多くなるような年齢ではないのに髪の毛が薄くなることです。他には月経不順や火照りなどの症状があら...
2016/07/04 23:23:04 |
更年期抜け毛と自立神経失調症の抜け毛の違いについては、おおまかに言えば、更年期抜け毛の場合には、ホルモンバランスが崩れることによって、抜け毛が起きます。一方で、自立神経失調症抜け毛の場合には、更年期抜け毛とは異なり、ストレスなどにより、自律神経が阻害されることによって、髪の毛がどんどんと抜けていく、という症状です。そのため、重度のうつ病患者さんや、精神疾患を患っておられる方の場合には、白髪になってしまうだけでなく、意図せずに、心の病から大量に髪の毛が抜けてしまうことがあります。これは、ストレスが体に重くのしかかり、悲鳴となって現れた結果、抜け毛という形で症状が出てしまうのです。また、更年期抜け...
2016/07/04 23:21:04 |
加齢による男性ホルモンの減少で、男性も更年期障害が起こる事が判ってきました。発症年齢は40代半ばから50代です。個人差もあるので30代から発症する人もいます。症状もほてり、発汗、不眠、体調不良、イラつき、抜け毛などがあります。抜け毛の量が徐々に増え、髪全体のコシやハリもなくなってきます。男性の更年期抜け毛とは、男性ホルモンの働きが関係しています。男性ホルモンの「テストステロン」は、筋肉の増大や体毛の増加させる作用を持つホルモンです。このテストステロンが「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変換せれて、髪の成長を止めてしまうのです。そのため髪が成長前に抜けてしまうにです。これでは髪が生えかわ...
2016/06/05 20:22:05 |
更年期になると、急激に髪の毛が抜けることがあります。これは、更年期抜け毛と呼ばれるものであり、更年期になると、女性の場合には髪の毛が大量に抜け落ちることがあります。また、甲状腺機能障害というものがありますが、甲状腺は生殖器関係などともとても深い関係にあり、女性ホルモンとも深い関わりのある部分です。代謝が低くなってるため、さまざまな症状があらわれてきます。先天性甲状腺機能低下症原発性甲状腺機能低下症術後甲状腺機能低下症アイソトープ治療後甲状腺機能低下症など、多種類の甲状腺機能障害が存在します。女性の髪の毛が綺麗で美しい、また肌が美しい理由としては、女性ホルモンが適度に分泌されていることが条件にな...
2016/06/05 20:21:05 |
結論、ストレスや自立神経失調症は更年期抜け毛の原因になります。更年期の抜け毛はホルモンバランスの変化によるものだということはご存知でしょうか。女性ホルモンの急激な低下によって、女性ホルモンの1つであるエストロゲの分泌も急激に減少してしまいます。このエストロゲンには髪の毛の成長に密接に関係しています。エストロゲン減少することにより髪の毛への働きが弱くなり成長期が短くなるとともに髪の毛の生えない休止期が長くなります。それによって抜け毛や髪の毛のが細くコシがなくなったりするのです。では何故、ストレスや自立神経失調症により更年期抜け毛の原因になるのでしょう。自立神経失調症の原因の多くはストレスが原因で...
2016/01/26 15:24:26 |
女性は、40歳を過ぎると、体の不調を感じることが多くなってきます。更年期の様々な症状で悩んでいる人も少なくありません。40歳を過ぎた女性の脱毛症で、最も多いのが、びまん性脱毛症です。びまん性脱毛症は、他の脱毛症とは違い、頭の毛髪全体が薄くなるという特徴があります。徐々に進行していくので、抜け毛が増えても、びまん性脱毛症だと気付かない人もいます。女性の場合、年齢と共に女性ホルモンが減っていき、閉経前後はホルモンバランスが乱れることが多くなります。男性ホルモンが優位になって脱毛の症状が進行し、頭皮が乾燥すると、さらに脱毛の症状が悪化します。びまん性脱毛症は、原因を見極めて対処すれば、改善するケース...
2016/01/26 15:23:26 |
更年期は女性ホルモンエストロゲンが減少することで、いろいろな体の不調が起こります。抜け毛で悩む方も増えています。エストロゲンが少なくなると、血行が悪くなり頭皮の環境も悪化します。ふけやかゆみがでてきたり、髪がパサついたりもします。抜け毛が増えると女性はストレスが溜まります。ストレスが増えると更年期の症状が重くなることがあります。そして抜け毛が悪化すると円形脱毛症になることがあります。すぐに円形脱毛症になることはないので、抜け毛が気になる方はストレスをできるだけためないようにして、頭皮の環境を改善していくことが大切です。睡眠時間もストレスや抜け毛に関係があります。質がいい睡眠は体を修復してホルモ...
2016/01/26 15:21:26 |
更年期になり、様々な不調に悩む女性は多いです。更年期とは、閉経になる前後の5年間くらいを指します。閉経を迎える時期は、人によって違います。早い人だと、35歳くらいから不調を訴える人もいます。女性は、卵巣機能が衰えると、エストロゲンという女性ホルモンの量が減ります。エストロゲンの量が減ると、体に様々な更年期の症状が出てきます。特に多いのが、のぼせやほてり、冷え、動悸です。腰痛や肩こり、便秘で悩む人もいます。また、精神的に不安定になり、倦怠感を感じる人も多いです。更年期の症状は、ほとんど出ない人がいる反面、日常生活に支障が出るほど症状が悪化する人もいます。更年期に、抜け毛やフケが増え、脱毛症状が出...
2015/11/19 21:45:19 |
更年期の女性が経験する抜け毛には独特の特徴があるものです。それは、生え際が後退してしまうこと、前髪が少なくなってきて全体的に髪のボリュームがなくなってしまうといったものなどです。そこで、このような更年期の抜け毛が現れ始めたら、是非とも育毛効果の高い育毛剤を使って改善するようにしたいものです。そのためには、更年期の抜け毛に効く育毛剤の選び方に精通しておくことが必要でしょう。選び方の一つのポイントは、更年期で減少した女性ホルモンを補うことができるものを選ぶという点です。このように女性ホルモンを補うことによって、髪のサイクルを正常に戻すことができるからです。さらに、細くコシがなくなってしまった髪に、...
2015/11/13 00:52:13 |
閉経をする前後五年の時期のことを更年期と言います。この時期になるとさまざまな症状が現れてしまいますが、更年期脱毛症もそのひとつです。更年期になると女性ホルモンが急激に低下してしまうことによって症状は引き起こされます。女性ホルモンは毛髪を発達させて、毛髪の成長期を持続させるという働きがあるため低下してしまうことによって更年期脱毛症になってしまいます。このような更年期脱毛症に対してさまざまな対処をしていっても、良くない食事をとっていては対処も意味が無くなってしまいます。良くない食事としては、肉類が中心であったりカロリーが高い、糖分が摂り過ぎていては頭皮の皮脂や血行が悪くなってしまいます。油分の多い...